イメージ画像

ネイルサロン開業資金お借入れのお手伝い
絶対成功の自信があるから完全成功報酬

ネイルサロン開業資金のお借入れの解説

ネイルサロンの開業をご検討中でしたら、開業後2年、3年と将来に渡って、事業として採算がとれるかどうかを是非じっくりご検討いただけないでしょうか。
実際にネイルサロンの経営を拝見していて、これは非常に難しいビジネスだと感じています。
もし、開業資金についてローンを組むことが前提でしたら、一層慎重になっていただきたいと思います。
 
ネイルサロンの開業にあたっては、人通りのある好立地の店舗が必要となります。
店舗内装は、女性が寛げる雰囲気を醸し出し、店舗内の家具類も素敵な空間を演出しなくてはなりません。
ネイルの施術には特別大きな機械は必要ありませんが、小さな道具類のほか、消耗品としての材料がいくつも必要となります。
これらの単価が安くないだけでなく、種類が多いこともあり、開業時に揃えるべき量は意外と多いものです。開業後もこれらは種類が増え、在庫として資金を寝かせておく状況は高負担のままです。
ネイルサロンが広く認知されるようになったのは、ここ10年ほどのことです。
ですので、大手チェーンにによる寡占化もさほど進んでいませんし、価格の低下もそれほど進んでいません。このように書きますと、「いえいえ、低価格化がどんどん進んでいますよ」とご批判を受けそうですが、実は現在の低価格化はまだ序の口です。
これから年を追うごとに低価格化は進みます。
人件費の面でも、広告費の面でも、材料代の面でもスケールメリットを享受できる多店舗展開チェーン店がギリギリの水準で価格設定してくるようになりますから、低価格化は確実に進みます。
そのような将来が確実に訪れるわけですから、ネイルサロンは開業資金を金融機関からのローンで調達してまで始めるべき商売なのかというのが何より検討すべき課題になるわけです。
 
手前どもの事務所は資金調達コンサルティングを専門にしています。事業のための資金を金融機関から借り入れするお手伝いが得意です。
ですから、ネイルサロンを開業する意志が固く、成功の自信をお持ちでいらっしゃるので、当事務所は精一杯汗、資金調達をお手伝いさせていただきます。
このサイトでは、ネイルサロンの開業資金の調達を成功させるための方法を解説しています。
当事務所がおススメするのは、新規開業のネイルサロンにも簡単にお金を貸してくれると評判の日本政策金融公庫(国民生活事業)です。
お薦めする理由は借りやすいことと金利が安いことと保証人をおそらく求められないことにあります。
ところが、日本政策金融公庫にローンを申し込んでも、お断りをされてしまい、あわてて当事務所にご相談にお越しになるネイルサロン開業希望者様が時々いらっしゃいます。
その原因は、日本政策金融公庫とのやり取りが不慣れであるがゆえに、借入申込時のマナーを知らなかっただけというケースが多く、大変にもったいないことと思われます。
このサイトが、ネイルサロン開業を計画中のみなさまの資金調達の一助となりましたら望外の喜びです。
 
まず、日本政策金融公庫の融資の概略をご説明しています。
 ネイルサロン開業資金なら日本政策金融公庫
 女性、若者/シニア起業家支援資金を借ります
 
続いて、ネイルサロン開業資金のローンを借りるために重要な「創業計画」についてご説明しています。
 ネイルサロン開業資金を借りるには創業計画が重要
 ネイルサロンの創業計画書は具体的にこういう手順で作ります
 
ネイルサロンの収支計画作成においては消費税の知識が必要となるケースが多いため、消費税についても若干の解説を加えています。
 ネイルサロンの収支を計算する際に消費税も念頭に置きましょう
 開店のときから消費税課税事業者を選択することもあります
 
日本政策金融公庫がネイルサロン開業資金を融資するか否かを判断する際にポイントとなる自己資金についても詳しく解説しています。
 ネイルサロン開業資金を借りられるかどうかは自己資金の額で決まります
 ネイルサロン開業のための自己資金が少ない場合
 
公庫との面接時に想定される質問事項についてもあらかじめ知っておいて下さい。
 日本政策金融公庫の面接ではこんなことを質問されます
 面接時に預金通帳を確認されます
 
スポンサーリンク

このページの先頭へ