イメージ画像

ネイルサロン開業資金お借入れのお手伝い
絶対成功の自信があるから完全成功報酬

ネイルサロンの出店にいくらかかりますか?

開業のための計画を紙やPCで書いたものは既にお手元にありますか?
ネイルサロンの開業資金を借りたいと考える場合には特に創業計画がしっかり立てられていなければなりません。
何年も事業を継続している会社であれば、毎年黒字の決算で業績が好調に推移していることを過去の決算書で示せば、事業計画などなくてもお金を借りられるケースがあります。が、それでも資金使途をきちんと示そうとするならば収支見通しを中心とした事業計画を策定することは避けて通れません。
日本政策金融公庫だけでなく、事業資金を貸してくれる金融機関は融資を検討する際に必ず資金使途と返済計画をチェックします。
担保があるから取りっぱぐれがないとわかっているケースでも、資金使途が後ろ向きな融資はできない内規になっているのです。
「ちゃんと返せますから」というだけでは金融機関が納得できる説明をできておらず、彼らが望むとおりに計画を示したうえで、計画によればいくら借り入れが必要で、いくらずつ返済していけるかを説明することが仕来りだとご理解ください。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

ネイルサロンの創業計画を作ってみるとあまり儲からないことがわかります

当事務所にご相談を寄せてくださるネイルサロン開業希望者様の中には、これまでのご経験から創業計画などなくても十分採算が取れるからお金を借りたいとおっしゃる方がいらっしゃいます。
それではということで、インタビューに基づいて当事務所にてネイルサロン開業後の収支を計算してみますと、実際にはまったく利益が期待できない出店計画であるとわかるケースが少なくありません。
出店してみたら予想外にお客さんが少なかったというようなことではないのです。机上の収支シミュレーションの段階で既に赤字にしかならないというネイルサロンの計画がたくさんあるのです。
信じがたいお話でしょうか?
けれど、我々からしますと、これは驚くべきことではありません。
何屋さんであっても、出店候補地は何十件も検討しますが、大半は収支が合わないという結論が計画段階で出てしまいます。
わずか数パーセントの候補地だけが計画段階で利益を期待できるということで実際に開業にまで至るのです。
ですから、収支をシミュレーションして本当に儲かりそうなお店を厳選して出店しましょう。
創業計画を面倒な形式ばかりの無駄な作業と考えるのではなく、ご自身の出店後を数字とデーターで示して、出店前に改善すべき箇所を点検する機会としてお取組みになることをお勧めします。
このところネイルサロンは少し過当競争の感があります。相当精緻な収支分析を実施して、儲からないロケーションでの開業は絶対に事前に避けねばなりません。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

借入希望額もシミュレーションしてみなければ計算できません

日本政策金融公庫に提出する借入申込書に借り入れの希望額を記載する欄があります。
とりあえずたくさん借りたいからということで、この欄に記載する金額を根拠なく大きく記入するネイルサロン開業希望者様が時々いらっしゃいます。
でも、なんとなく大きい金額を記入したということでは、面接時に日本政策金融公庫の担当者からその理由の説明を求められた時に、お返事できなくなります。
「インターネットでみてみたら、ネイルサロンの開業には4百万円程度の資金が必要になると書いてあったから、借入希望額にも4百万円と書きました」
と、面接時に正直におっしゃる方もいらっしゃるのですが、それでは公庫の心証が芳しくありません。
店舗内装等のイニシャルコストと最大いくらの運転資金が必要になるかの収支見通しを計算すると、必要な資金の総額がはっきりわかります。
そして、その必要な資金の総額と、自己資金として用意している金額との差額が日本政策金融公庫への借入希望額となるべきなのです。
ということは、創業計画をきちんと組まなければ、借入申込書に記載する借入希望額も本当はわからないはずなのです。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。
 
スポンサーリンク

このページの先頭へ