イメージ画像

ネイルサロン開業資金お借入れのお手伝い
絶対成功の自信があるから完全成功報酬

ネイルサロン開業資金を借りられるかはどうかは自己資金の額が最重要ポイント

日本政策金融公庫からネイルサロンの開業資金を借りられるかどうかは、自己資金の額で決まると申し上げても良いほどです。
お金がないからお金を借りに行くのですから、お金持ちほど借りやすいというのは矛盾しているような気もしますが、事業主自身で一定のリスクを負わないとお金は貸してもらえないという仕組みなのです。
もし、新規出店に300万円かかるとして、その内の150万円は自己資金があるから、足りない150万円だけ貸してくださいと日本政策金融公庫にお願いした場合、公庫の担当者も非常にいい心証を抱いてスムーズに融資してくれることでしょう。自分で資金の大半を準備した上で、残りほんのわずかだけ公庫に力を貸してほしいとお願いする取組姿勢に好感が持てるわけです。
反対に、新規出店にかかる300万円のうち250万円を貸してほしいと申し込まれた公庫の担当者は、お金を貸していいものかどうか、これは迷います。
これまでの営業成績がないわけですから、日本政策金融公庫の担当者としては、創業計画通りに経営されるかどうかは判断できません。
そうなると、開業しようとする人を評価するには、これまでの経歴と自己資金の額をみるしかないのです。
特に自己資金の額は、借入を申し込んできた人の開業への真剣度合いが推し量られます。
社会人になった時からいつかは独立開業することを目標にして、技術の向上に努力して、資金もコツコツ貯めてきた人であれば、開業後も一生懸命に事業に取り組むのではないかと期待されます。
何の準備もなく、開業のための資金を貯めることもなく、人に使われるのが嫌だから独立開業したいといって日本政策金融公庫に創業資金の借り入れを申し込みに来た人物が信用を得にくいのは誰の目にも公平な判断と映るものです。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

ネイルサロンの開業資金の半分を自己資金で用意するのが理想的です

ネイルサロンを開業するにあたって、どの程度の自己資金を用意するのが望ましいのでしょうか?
いろいろな考え方がありますが、一般的には新規開業に必要な資金の総額のうち、半分を自己資金で用意しているのが理想的です。必要な額の半分を自己資金で用意できるケースはあまり多くないかもしれません。
けれど、その後の返済のことを考えますと、これくらいの自己資金の負担が適切だと常々感じています。
実際に、日本政策金融公庫に借り入れを申し込んだ場合でも、自己資金で用意している金額と同額を貸してほしいという申し込みはスムーズに通るケースがほとんどです。
もう少し自己資金の割合が低い場合はどうでしょうか?
新規開業に必要な資金の3分の1を自己資金で用意している場合も、だいたい公庫からのお借り入れができています。
では、新規開業に必要な資金総額の4分の1だけ自己資金が用意してある場合はどうでしょうか? お借り入れが無理という事ではないようです。どのあたりに審査の基準がおかれているのかは定かでありませんが、結果にはバラつきがあります。
もっと自己資金が少ない場合、それでもネイルサロンの開業資金の融資を日本政策金融公庫に貸してもらう方法が一応あります。どんな方法かをここに書くことは資金調達の専門家として少し恥ずかしいので、お知りになりたい方は直接メールフォームからお問い合わせください。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。
 
スポンサーリンク

このページの先頭へ