イメージ画像

ネイルサロン開業資金お借入れのお手伝い
絶対成功の自信があるから完全成功報酬

預金通帳をみてネイルサロン開業資金を貸せるかどうか判断されます

ネイルサロンを新規開業するための資金の借り入れの場合ですと、開業希望者個人の預金通帳を持参するように言われます。
会社を設立してネイルサロンを始める場合でも、経営者の個人の預金通帳を持参するように求められます。
日本政策金融公庫の国民生活事業の面接において、預金通帳は非常に重要な資料としてチェックされます。
その理由は、預金通帳は何より借入申込者の状況を雄弁に語ってくれるからです。提出書類や面接でどんなに事業の将来性をアピールしていても、預金通帳からはあなたの経済状態が丸わかりになるからです。
預金通帳をみれば、借入申込者の申告通りの自己資金が本当にあるかどうかはすぐにわかります。
何年もかけてお給料から生活費を差し引いた残額が少しずつ貯まって行っていることがわかる預金通帳が最高とされます。
自己資金を急に300万円現金入金していたら、公庫の担当者から疑われます。
さらに、カードローン等の借り換えのために開業資金借入を公庫に申し込んでいるのではないかという点も預金通帳を見ればよくわかります。
ですから、できるだけ、預金通帳の残高がたくさんある状況をアピールするように心がけましょう。
それでも、ネイルサロン業界は、給与水準があまり高くないため、預金残高が常時何百万円もあるという方はほとんどいらっしゃいません。
そこで、ご両親に開業資金の一部を用立てて頂くケースもありますが、その場合ですと、公庫がご両親の預金通帳までチェックしたいということがありますので、ご注意ください。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

公共料金の引き落としまで確認されます

預金通帳の過去の履歴を見ると、残高の多い少ない以外にも、お金を貸して問題ない人かどうかがわかる点があります。
それは、水道光熱費や通信費などの公共料金の引落としの状況です。
ネイルサロンの経営と、自宅の公共料金には何の関係もないように思います。
しかし、自宅の水道料金の支払さえ滞っている人に日本政策金融公庫はお金を貸そうとは思えないようです。
自宅の家賃の支払いも遅れることがあるようですと、お金の管理にルーズな人の烙印を押されてしまいます。
こういったことは預金通帳に残りますので、普段から各種の支払いは期日通りに行うよう留意しましょう。
なお、公共料金の引き落としが遅れた事実を預金通帳から公庫に知られることがないようにと、自動引き落としを申し込まずに、コンビニエンスストア等で現金で毎月支払う方法なら問題ないでしょうかというご質問を頂くことがあります。
日本政策金融公庫の国民生活事業の面接では、公共料金の領収証を持参するように依頼されますので、このような小手先の対策は意味がありません。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。
 
スポンサーリンク

このページの先頭へ