イメージ画像

ネイルサロン開業資金お借入れのお手伝い
絶対成功の自信があるから完全成功報酬

事業用資金を借りる鉄則は、資金使途を説明しやすいタイミングで借りること

ネイルサロンは現金商売だから、開業してしまえば資金繰りに困ることはないとお考えではいらっしゃいませんか?
或いは、資金繰りが万一厳しくなったら、それから慌てて借りに行けばいいとお考えではいらっしゃいませんか?
開業後に資金繰りが悪化して、日本政策金融公庫からすぐにお金を借りたいと思っても、3週間は手続きに時間がかかってしまいます。
しかも、そのタイミングで公庫に融資をお願いすれば、借りにくいことこの上ないでしょう。
日本政策金融公庫から借りるならば、資金使途を説明しやすいタイミングであらかじめ借りておくとよいでしょう。
資金使途を説明しやすいタイミングというのはネイルサロンのような現金商売の場合、設備投資をする時に限定されます。
ネイルサロンで申し上げますと、2号店、3号店と新店舗を出店する時と、既存ネイルサロンの内装を変更するときです。
ネイルサロンの場合、在庫を抱えるビジネスではすから、仕入資金を貸してほしいというのはお金を借りる理由になりますが、在庫の量に変動があまりありませんから、これを理由にして借りられる資金は少額にとどまります。
雇用を増やすというのも、ネイルサロンが現金商売であることから、説得力のある資金使途にはなりにくいでしょう。
ネイルサロンが赤字だからお金を貸してくださいといのは、返せる見込みがありませんから、そもそも借りられる理由になりません。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

ネイルサロン開業の場合は、店舗賃借前に借りておきます

ネイルサロンの開業時に創業資金を借りるのであれば、計画段階の早い時点で日本政策金融公庫に申し込んでおきましょう。
テナントとの契約や内装工事を急ぐあまり、手許にある資金で取り敢えず店舗を賃借し内装工事もはじめ、その後、日本政策金融公庫にお金を借りに行くというケースは珍しくありません。しかし、このタイミングでのお借り入れは少し困難になります。
手許の自己資金(すなわち預金通帳の残高)がたくさんあることを面接時にアピールしにくいためです。
さらに、開業までこぎつけてから日本政策金融公庫に借り入れの相談をした場合、公庫の担当者からは、創業計画よりも大幅に売り上げが下振れしたのではないかと余計な詮索をされ、開業そのものが不適切だったと切り捨てられることがあります。
ですから出店してから借りに行ったのでは遅すぎるのです。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

2年半で公庫から借り増しを打診されますから、ここで借りておきましょう

日本政策金融公庫から期間5年で融資を受けてネイルサロンを開業した後、順調にお店が儲かっていると、2年半ほどで借りたお金を半分程度返すことになります。この頃に、日本政策金融公庫のほうから再度お金を借りませんかという連絡をもらえることがあります。
返済した金額と同額を貸し出すから、創業時のローン残高まで戻しますという提案が多く、それ以上の額までの借り増しを提案してきてくれることもあります。
このタイミングを逃してはなりません。よほどのことがない限り公庫から融資を受けられますので、是非積極的にお借り入れしてみてください。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。
 
スポンサーリンク

このページの先頭へ