イメージ画像

ネイルサロン開業資金お借入れのお手伝い
絶対成功の自信があるから完全成功報酬

ネイルサロン開業資金のローンの返済期間は5年が一般的です

日本政策金融公庫の融資を申し込む際に提出する借入申込書には、「ご希望の返済期間」を記入する欄があります。
ここを何年と書くのが望ましいですかというご質問を頻繁に頂戴します。
ネイルサロンの開業資金の申込の場合、5年と記入して頂くことをお勧めしています。
理由は、日本政策金融公庫はネイルサロンの開業資金をなんとなく5年返済で融資することが多いからです。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

長期であるほど借り手に有利

金融機関からお金を借りる際の返済期間は長いほど借り手にとって有利であるとされています。
急いで返済するのは難しいことですが、ゆっくり返済することは、仮に資金に余裕がある場合は預金しておけばよいだけなので易しいことです。
例えば、ご自宅の住宅ローンはみなさん35年でお借り入れなさるケースが多いと思います。
ご年齢が高い場合や、購入する建物が相当年数を経過する場合は35年より短いローンしか組めませんが、新築物件を若いご夫婦で購入なさる場合の住宅ローンは35年で組まれます。そして、臨時収入などがあり資金に余裕ができた場合は繰り上げ返済をして金利負担を減らすことを選択肢として持っておくわけです。
事業資金も同様です。
できるだけ長期で借りて、手許資金に少し余裕を持たせるくらいがちょうど良いのです。
実際にネイルサロンを開業してみられますと、上述の5年の返済期間では少し短く、返済ピッチが速すぎるとお感じになるかもしれません。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。
 
スポンサーリンク

このページの先頭へ