イメージ画像

ネイルサロン開業資金お借入れのお手伝い
絶対成功の自信があるから完全成功報酬

カードローンをご利用になる方は意外と多いです

カードローンでお金を借りてネイルサロンを開業する方は意外と多いようです。
カードローンで借りられる金額など、100万円から200万円程度でしかないため、ネイルサロンの開業資金としては足りないだろうと思うのですが、ネイリスト一人だけの小規模サロンでお始めになる場合でテナントの大家さんの協力が得られる場合などは、カードローンでもなんとか開業できるようです。
他に、自宅で開業なさるケースですと、店舗賃借にかかる費用がゼロで、簡単な内装工事費とネイルテーブル1台の費用だけで開業ということも出来るようです。
少額で開業できる場合ですと、カードローンで借りて開業するのもやむをえないのかなと感じています。
ただし、カードローンは金利が日本政策金融公庫や制度融資のそれよりも随分高いことにだけはご留意ください。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

カードローンで借りて開業した後に借り換えは困難です

カードローンで借りてネイルサロンを開業してから当事務所にご相談にみえるかたもいらっしゃいます。
ご希望は2種類あります。
ひとつは、カードローンの金利はもったいないので、金利の安い日本政策金融公庫で借換えしたいというご相談です。
もうひとつは、少ない資金で開業して支払いが厳しいので公庫から借り増ししたいというものです。
1番目の公庫への借り換えですが、これはできないルールになっています。
公庫に資金使途を借換えですと説明した時点で面接は終了。お金は貸せませんと言われてしまいます。
2番目の公庫からの借り増しですが、これも難しいです。
なぜなら、公庫からはカードローンの借り換えに資金を流用するのではないかと疑われるからです。
結局、一度カードローンで借りてしまったら、いったんはお店の利益でカードローンを完済してからでないと、日本政策金融公庫とはお付き合いしにくい状況に陥ってしまうということです。
やはり順番としては日本政策金融公庫でお借りれしていただき、開業資金に充てて頂く。その後、集客がうまく行かない場合に、広告宣伝のための資金をやむなくカードローンでお借り入れするということになろうかと思われます。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。
 
スポンサーリンク

このページの先頭へ